診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スタッフブログ

2017年6月23日(金)

あくび

おはようございます。

朝布団から起き上がるとき、授業中や仕事中に集中力が切れたとき「あくび」がでますよね?

「あくび(欠伸)」は、疲れているときなど、カラダやココロが休息を求めて出る生理現象です。

脳の働きが鈍くなって酸欠状態のようになると、反射的に「あくび」がでます。

大きく空気を吸い込むことで、新しい酸素を脳に送り、低下している脳の働きを活性化してくれます。また、あくびで大きく口を開くと、あごの筋肉が刺激され、脳に刺激が与えられることも判ってきました。

このように、あくびは脳の働きが鈍くなったり、身体の休息が必要な時に起こる「防衛反応」なのです。

あくびのリラックス効果

新鮮な空気を深く吸い、酸素を補給した血液を脳に送り込み、脳を活発に活動させるあくび。じつは副交感神経を優位にする働きもあります。

別名「リラックス神経」とも呼ばれる副交感神経は、脈を安定させたり血圧を下げたりして、身体を休息モードに導きます。

またあくびと一緒に涙が出て、眼の疲れを取ったり目ヤニや老廃物を流してくれます。ひいては、ドライアイの予防にもつながるとも言われています。

あくびをして気分をリラックスさせましょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年6月22日(木)

きゅうりでダイエット

芸能人夫婦がTVで実践して実際効果があると話題になっている
きゅうりでダイエット!

きゅうりは体を冷やす野菜です。
冷え性で代謝が悪い方の場合には効果が薄いといえます。
つまり肥満にも度合いがあると思いますが、
手足が冷えてむくみやすい方には不向きであるということです。

きゅうりには体内の無駄な塩分を外に排出する「カリウム」があります。中にはむくみや冷えを解消するとはいいますが、きゅうり本来は夏場に出回る意味を考えましょう。
旬の野菜は季節に適した作用をするものです。
通年出ていますが温かい場所で育ったものは体を冷やすので
冷え性の場合”効果が出ない=失敗”と繋がる理由になります。
むしろ冷え性でふくよかな方は、体を温めるダイエットがおすすめです。

きゅうりでダイエットの主旨は、含まれている「ホスホリパーゼ」という脂肪分解酵素の作用を利用したダイエットです。
食べる量は1日1~2本。食べるだけでもよい様ですが、なかなか食べきれないという理由もあり、すりおろして食べるのが効率的で、アレンジも出来て食べやすいようです。
酵素は熱に弱いので加熱は厳禁。50度以下もしくは生で食べるのがおすすめです。ドレッシングやソースの代わりに、納豆、パスタといったものの和え物にするのもおすすめです。

きゅうりは低カロリーでどれだけ食べてもカロリーの心配がないです!また、抗酸化作用を含むフィトケミカル成分が含まれていて、血液をサラサラにし、デトックス効果などもあるので、ダイエットの効果を後押しする分には効果的です。バランス良い食事にプラスするにはおすすめできるものです!

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年6月21日(水)

脂質異常症とは③

おはようございます。

生活上の注意点

脂質異常症は、食事や運動習慣などの見直しを行うことで、改善することが多々あります。

この機会に次の生活習慣を見直してみましょう。

1.食べ過ぎ・肥満を予防

肥満を改善すると、脂質の値も改善することが多くあります。体重を把握し、肥満の場合は改善に努めましょう。

また、日頃から食べ過ぎや、甘い物や炭水化物に含まれる糖質や脂っこい料理、脂質の多い食事をしている方、アルコールやジュースなどが多い方は量を見直してみましょう。

2.夜遅い食事には注意

活動量の低い夜遅くに食事をすることで代謝が低下し、脂質異常症の原因となります。

夕食の量や内容を変えるだけで、脂質の値をコントロールしやすくなります。残業などで夜遅くに食事をする場合は、ごはんや麺類などの炭水化物は控えめに、脂っこい食事を控え、消化の良い食事を心がけましょう。

3.脂肪の質を考える

脂質の種類にも目を向けてみましょう。肉の脂身や乳製品、卵などの摂り過ぎは脂質異常症につながります。偏らないようにし、魚類や大豆製品も意識して摂りましょう。

間食に脂質の多いスナック菓子や洋菓子などをよく食べる方も要注意です。

4.野菜・海藻類・きのこ類はしっかりと

食物繊維が豊富な野菜、海藻類、きのこ類は、脂肪やコレステロールの吸収を抑えます。これらの摂取不足も脂質異常症に影響します。

毎食必ず小鉢1皿以上の野菜、海藻類、きのこ類をとるように心がけましょう。また、食事の一口目は、野菜から摂りましょう。

5.運動もあわせて行いましょう

食事と運動を一緒に行った方が早期の改善が期待できます。有効といわれているのが毎日30分以上の有酸素運動。

まずは、生活の中で歩くことを増やすところから始め、慣れてきたら1日8千~1万歩を目指してみましょう。また、休日も散歩をしたり、気分転換に好きなスポーツをするのもよいですね。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年6月20日(火)

ペパーミントの日

ペパーミントの日本語は『ハッカ』。

北海道北見市が6月の北海道の気温が

爽やかなことや、「はつか(20日)」の

語呂合わせで6月20日をペパーミントの日に

制定しました。

 

ペパーミントには、いろいろな効能があるんです!!

・消化を助ける

・乗り物酔いの解消

・鎮痛作用

・リラックス効果

・不眠解消

 

ペパーミントは、メントールのスーッとした

爽やかな香りがします。

気分がスッキリしますね(^^)

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年6月19日(月)

トマト

八百屋さんの店先で、トマトがお安くなってきているのを見て嬉しくなってしまいます。リコピン豊富、栄養満点、今の時期は特に常備しておきたいですね。

トマトは「常温保存」がよいらしいです。
なぜなら、トマトの原産国は南米ペルー、そのため寒さにはめっぽう弱く、冷蔵庫にいれっぱなしだとリコピンが大幅にダウンしてしまうからだそうです。

固めのものを選んで、おうちで「追熟」させるのがいいそうです。ひとつずつ、新聞紙やクッキングペーパーでくるみ、15〜25℃の直射日光が当たらない場所におきましょう(夏は2〜3日、冬は1週間ほど)。どうしても傷みが心配な場合は、ポリ袋などにいれて冷え過ぎを防ぐといいそうです。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。交通事故、労働災害指定施術所。