診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

スタッフブログ

2017年4月26日(水)

お水の飲み方

おはようございます。

皆さん正しいお水の飲み方をご存じですか?

2リットルくらいが最適なのではないかとアバウトにとらえられがちですが、医学的には適量が決まっています。

1日の適切な水分摂取量(ml) = 体重 (Kg) の30倍

例えば体重が50Kgのかたなら 50 x 30 = 1500 ml です。

水は常温で飲む

水は常温で飲むようにしましょう。運動後に飲む際は冷たい水でも大丈夫です。

水は等間隔で飲む

1日に必要な水の量を一気に飲むのではなくて、起きている間に等間隔に飲むようにしましょう。

水分はなるべく

コーヒーや緑茶などはカフェインが入っており、利尿作用があるので出来ればお水で水分を摂りましょう。
利尿作用がある飲み物では水分補給になりませんよ。

効率よく水分補給をしましょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年4月25日(火)

身体で天気予報?②

おはようございます。

天気が悪いと身体も調子が悪い、、、なんてことありませんか?

リハビリテーションに通院する患者さんを対象にした調査では、気圧、気圧の変化量、気温、気温の変化量といった4つの因子のうち、痛みに最も大きな影響を与えているのが、気圧が低下することでした。

警察や医療関係者にはよく知られた話ですが、冬場は変死者が増えます。そのため、冬場の宿直は「忙しい」「たいへん」などと言い伝えられているようです。冬場は変死者が増える!?

気温が低いと血圧が上昇し、血管が収縮します。ですから、心筋梗塞などの虚血性心疾患による死亡は、冬に多いのです。脳出血の発症にも血圧の上昇が大きく関与しており、気温が低い冬に多いといわれています。しかし、近年は暖房器具の普及でその傾向は顕著ではなくなりました。

もう少し身近な例として風邪があります。冬に流行するインフルエンザは、原因となるウイルスが寒くて乾燥している(低温低湿度)環境を好むので罹患者が増加するのです。

また、春頃には「気分が落ち込む」「うつ状態になる」人が多い。確かに、3月から5月に自殺者が多いという特徴とも一致します。このように、多くの病気で、その発生状況や経過が気候に関係しているのです。

天候と健康に関する医学的な根拠は?

気温や気圧の変化について医学的に分かっていることがいくつかあります。

人間の体内では、外部の環境が変わっても、体調を一定に保とうとする働き「ホメオスタシスがあります。気温、気圧、湿度が少々変化しても、体の内部に影響が生じないように調節されているのです。

ところが、その変化があまりに大きかったり、あるいは加齢によって調節機能が低下するとバランスが崩れます。

まずは自律神経の異常です。気温や気圧の急激な変化が起こると、交感神経や副交感神経のバランスが崩れ、その結果、痛みなどが悪化します。気圧が低下すると副交感神経の緊張が亢進して、いわゆる元気がない状態になるという説もあります。

次に、気圧の低下による体液のバランス障害。気圧が低下すると、体がむくむと考えられていますが、これは体内の水分の移動が円滑に行われていないことを示します。

さらに、炎症反応の悪化も考えられます。気圧が低下することで組織内の炎症反応が強くなると考えられ、リウマチなどの痛みが悪化するとも考えられています。

このように、気象と体調についての研究が進められていますが、未知のことが多いのが現状です。

天気予報、健康予報から事故予防へ

先日、テレビを観ていると、天気図とともに天気予報が伝えられ、その後、「足腰の痛みがある人は気を付けて」というコメントがありました。

このように、天気予報を利用して体調の変化について注意を促しているのです。もちろん万人に該当するわけではありませんから、「参考にしてください」ということでしょう。

ですが、これはとても役立つ情報です。低気圧によって多くの人が体調を崩せば、外出を控える人が増えるかもしれません。また、体調が悪くなると集中力が低下するので、事故が起きやすい環境になるかもしれません。季節によっては、自殺しようとする人が増えることが予想されます。

天気に負けない身体をつくりましょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年4月24日(月)

身体で天気予報?

おはようございます。

皆さんは天気悪いと体の調子も悪くなる、、なんてことありませんか?

気温、気圧、湿度といった天候の変化は体調にさまざまな影響を与えます。医学的にはまだ不明な点も多いのですが、知っていると注意できるため有益な情報です。

一般の診療でよく耳にする話は、「雨が降ると腰が痛くなる」「今日は寒いから関節が痛む」「3月はいつも頭痛がひどい」など――。

確かにそのような声を聞く時は、寒冷前線が通過することがあり、その通過とともに風向きが変わったり突風が吹いたり、気温や気圧が急激に変化しています。

多くの方が訴えるので、いろいろと調べてみると、それを裏付ける諸説がありました。「気温が下がると末梢の血管が収縮するので血流が悪くなる」「血流が悪くなると筋肉痛がひどくなる」という説明ができます。

また、急な雨では気圧が下がりますが、「これが関節痛や頭痛の原因となる」という根拠もあります。このように、気温、気圧、湿度といった天候の変化が体調にさまざまな影響を与えるのです。

「痛み」に最も影響するのは<気圧の低下>

ウェザーニューズという会社が、平成24(2012)年に実施した調査を紹介します。

通常、雨が降る前に気圧が下がります。そこで1時間に気圧が1ヘクトパスカル低下した時に、そこに住む人に体調の変化について尋ねました。その結果、64%が「何らかの体調変化があった」と回答。さらに詳しく調べると、だるさを訴えていた人が42%、頭痛が24%、関節痛が13%でした。

年代別にも差があり、頭痛は30代、だるさは20代、関節痛は60歳以上の人に多い傾向がありました。さらに性別を加味すると、40代女性では77%で何らかの症状を訴えて、約半数の人がだるいと回答していました。

また、気分の変化を調べると、49%の人が「気分が普通ではない」と答え、そのほとんどは「気分が良くない」か、「あまり良くない」とのこと。低気圧や雨になると「うつ状態になる」という話を聞くこともありますが、この調査結果も同様の傾向でした。

気圧や気温の変化で身体のコンディションも変わってくるのでそれに対応できる身体を作っていきましょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年4月22日(土)

肩甲骨はがし②

おはようございます。

現代人の肩甲骨はさびつく一方!?

1日を振り返ってみてください。腕をどのくらい動かしていますか? 動かす位置、範囲はいかがでしょうか?

腕を肩よりも高く挙げる機会が少く、腕を大きく回すこともほとんど無いパソコンワークや書類を書いたりなど、手元で小さく動かしていることが多いかと思います。このような方々が、ヨガ教室やスポーツジムなどで意識的に腕を動かしてみると、腕の付け根に鈍痛を感じたり、肩付近や肩甲骨辺りからゴリゴリ嫌な音が響いて来たりと、はじめて「こんなに肩周辺がガチガチに硬くなっていたのか」と気が付くという話も聞きます。

自分はどのような状態にあるのか、以下の方法で肩甲骨の動きをチェックしてみましょう。

肩甲骨の動きをチェック

肩甲骨は、背中の上の方に左右対となりくっついている天使の羽のような三角形の骨です。この肩甲骨、あばら骨(胸郭)にピタリと貼りついているように見えます。ですが、関節のように機能をする骨なので、大きくなめらかに動く部位です。

腕の動きに合わせて肩甲骨が動く様子は、肩甲骨に触れるようにして手を脇の下付近へ当てておくと確認できます(例:左脇付近に右手を当てたままで、右腕を大きく動かしてみましょう)。

動きが確認できたら次の動きを、立ち姿勢のまま左右同時に行ってみましょう。

●肘を伸ばしたまま腕を大きく回せますか?

スムーズに回せない人、動く範囲に左右差がある人は要注意です。

耳に腕がつきますか?

無理なく耳に腕がつかない人は要注意です。

こんな症状の人は肩甲骨はがしに挑戦!

次のような自覚(症状)がある人は、肩甲骨はがしに挑戦してみてはいかがでしょうか。肩甲骨周辺の筋肉がほぐれ血流の滞りが改善されると、症状にも変化が表れるかもしれません。

肩甲骨に問題が及ぶ場合、ほとんどが長期にわたる良くない生活習慣のしわ寄せであるため、筋肉のアンバランスのクセが強いケースもあります。エクササイズを続けているうちに体が楽に感じる期間も延びてくると思いますので、焦らず続けてみましょう。

肩甲骨はがしで楽になる可能性がある症状とは?

★猫背姿勢、骨盤や背骨などの歪み

★肩こり・頭痛

★デスクワークによる疲れやすさ

★肩周辺の痛みや違和感

★浅い呼吸による苦しさ

★背中に板がはりついている感覚

★寝つきの悪さ

★手・腕のだるさ

★緊張しやすく肩の力が抜けない

★いつも頭がぼ~っとしている

肩甲骨はがしで健康な体に!!

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年4月21日(金)

肩甲骨はがし

おはようございます。

人気のエクササイズ「肩甲骨はがし

「肩甲骨はがし」をご存じでしょうか? 肩甲骨がスムーズに動き、姿勢も改善、そして体が楽になる効果的なエクササイズです。テレビなどでも何かと話題になっているので、気になっている人もいるのではないかと思います。

さて、この人気のエクササイズ「肩甲骨はがし」は、なぜ効果があるのでしょうか。肩甲骨が体におよぼす影響とそのメカニズムに着目してご説明いたします。

肩甲骨の周囲は思った以上にこりかたまっている

「肩甲骨はがし」を行うと、背中が楽になったり、肩の力が抜けたり、肩こりが緩和されたりと、すぐに違いを感じる人も多いようです。これは、肩甲骨周囲の筋肉がほぐれ、本来持つ可動性が改善されたためでしょう。

実は、コリがもたらす「肩甲骨の可動性が失われた状態」には、日頃気が付かない人が多いのです。その理由は、日常生活の中では肩甲骨が本来持っている動きを、最大限活かすような動作を行う機会がとても少ないためです。

現代では小さな動きで多くのことが済んでしまいます。そのため、自分の肩甲骨がさびついてきていることに気が付かず、状態を悪化させてしまうケースが多いのです。

肩甲骨の不調が影響する筋肉は数多い

肩甲骨は、鎖骨とも関節構造があります。そのため、肩甲骨の可動性や周囲の筋肉のアンバランスが生じると、鎖骨の動きにも影響を及ぼします。

肩甲骨・鎖骨に付着している筋肉は、後頭骨、背骨(首や背中)胸部、肋骨、骨盤部、腕など広範囲に及びます。そのため、これらの領域での痛みや不快感などを感じている人は、肩甲骨はがしを行うと調子が良くなり体が楽に感じると考えられます。

皆さん肩甲骨を大きく動かす意識をしてみましょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。