診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2015 7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2015年7月21日(火)

靴擦れ

■ 靴擦れの3大原因をチェック

原因1:サイズが合っていない
左右の足の形やサイズには、若干の違いがあるもの。そのため、どちらかいっぽうの足だけでフィットする靴を購入してしまうと、片足だけ妙にキツい! ということも。片足だけ靴擦れができやい、という人はどちらかいっぽうの足でしかフィッティングをしていないからかもしれません。

原因2:足の形と靴の形が合っていない
カカトのカーブが極端にせまくフィットしない、長さは合っているが幅が合っていない、ソール面のカーブに土踏まずのラインが合わない、なども靴ズレの原因になります。

原因3:歩き方に問題がある
靴擦れをしやすい、という方は靴底の減り具合をチェックしてみましょう。もし、左右非対称に擦り減っている場合、正しい姿勢で歩けていない証。また、どちらか一方が激しく擦り減っている場合、着地から次の一歩を踏み出すまで、地面に対して垂直に重心をかけることがでていないということでもあります。このように、不自然な体重移動ででは足への負担も大。靴擦れを起こしやすくなるというわけです。

 

■ 靴擦れを確実に予防する3つの対策

予防1:夕方に靴を選ぶ
午前中ではなく、一日の中で、もっとも足がむくんでいる夕方に靴を選ぶことで、どんなときにでも足にフィットしやすいサイズのシューズをチョイスできます。その際、必ず両足で試し履きをすること。そして、大きい足のほうのサイズに合わせて購入するようにしましょう。

予防2:足に馴染むまで絆創膏で対処する
ぴったりのサイズに出会ったとしても、最初のうちはどうしても、部分的に強くあたってしまうこともあります。その場合は、馴染むまで絆創膏をはったり、ワセリンなどのクリームを塗ったりして、ヒフを保護しておくことで靴擦れを未然に防げるでしょう。

予防3:歩き方を意識
靴底の擦り減りに左右差が見受けられる方は、まずはその事実を知ることが大切です。そして歩行の際、足の着地をまっすぐに意識することで、歩き方の癖が治ることもあります。

 

靴擦れが原因で歩き方によっては足を捻ってしまったり、腰痛が出てきてしまったりと身体のあちこちに症状が出てきてしまいます。

早めの対処を心がけましょうヽ(^o^)丿