診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

スタッフブログ

2015年8月12日(水)

夏のランニング!

この暑い時期でもランニングしている人を見かけます!

熱中症などにならないよう気を付けましょう☆

夏のランニング時の服装

通気性のいい服装!シャツはランニング専用の通気性がよく、汗をかいてもべとつかない素材のものを着用しましょう。パンツはインナーのついた専用のランニングパンツ。一般的な綿素材のTシャツは汗を大量にかくと肌に貼りつき不快な上、吸った汗で重くなるので走りづらくなります。

小物で日焼け防止

日焼け防止は肌にダメージを与えるだけでなく、ダメージを受けた肌を修復するため、余計なエネルギーを使うので走行後の疲労も増大します。日焼け止めクリームを塗った後に、通気性のいいアームカバーと筋肉サポート用の十分丈タイツ、つばが長く通気性のいいキャップを被りましょう。直射日光に肌を晒さない工夫をしましょう。

水分補給について

夏は大量の発汗の為、体内から多くの水分が失われるので水分補給が大切です。ですが、摂取した水分は体内に吸収されるまで約30分かかる、といわれています。そこでスタートする30分前に500ccのスポーツドリンクを飲んでおきます。個人差や体調もありますが、通常1時間のランニングなら500ccのスポーツドリンク1本で発汗分の水分はまかなえます。

走り終わった後もキチンと水分補給しましょう!走行後は汗で失った分の水分を補給するため、コップ1杯程度の水やスポーツドリンクを摂取します。

夏にランニングを楽しむコツ
涼しい時間帯を選ぶのもアリです!今回は夏の暑い時間帯に走ることを想定して紹介しましたが、暑い日中を避けて早朝や夕方などの涼しい時間帯を走るのも一つの方法です。
また体調が優れない時は走らないことも必要です。夏は他の季節に比べて体力の消耗が大きいです。もし、寝不足や二日酔いなど体調が優れない時に走ると熱中症や脱水症状に陥る危険があります。
体調が優れないときは、走るのを避けたほうがいいでしょう。
自分の身体と相談して無理のないランニングをしましょうヽ(^o^)丿