診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スタッフブログ

2015年9月25日(金)

歩くの辛いな。「間欠性跛行」とは

おはようございます。

今日は「間欠性跛行」についてお話します。

歩行時に足腰に負担がかかると、しびれや痛みが生じ、休みながらでなければ歩き続けられない状態を「間欠性跛行」(かんけつせいはこう)といいます。中高年に多く見られ、重大な病気のシグナルであることがあります。

日本人に多い脊柱管狭窄症によるもの

間欠性跛行は「腰部脊柱管狭窄症」(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の症状のひとつです。腰部脊柱管狭窄症は背骨の中にある脊柱管と呼ばれる部分が加齢の影響などで狭くなる病気です。神経の通り道である脊柱管が狭くなると、中の神経が圧迫されて腰痛を引き起こします。腰だけでなく下肢にもしびれが生じるのが特徴です。

間欠性跛行がこの病気に由来する場合は、MRI検査を行うことで脊柱管の狭くなった箇所を確認することができます。治療は薬物療法や神経ブロック(麻酔薬を注射して痛みを取り除く治療)などの保存療法が中心で、約7割の患者は手術せずに改善を目指すことができます。神経の圧迫に加え、脊柱管周辺の血流障害も痛みやしびれの原因になります。そのため、血管を広げて血流を増やす薬剤を用いたり、運動療法によって血行をよくすることも有効です。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。