診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2015 12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スタッフブログ

2015年12月8日(火)

首を温めよう!

首周りは、身体の中で最も寒さを感じる部分。皮膚の近くに頭部と身体をつなぐ太い頸動脈があり、酸素や栄養素を含んだ血液を脳へと流すのですが、そこが冷えてしまっていると血流は悪くなり、末端まで温かい血液が回らなくなります。
ですが、反対に、首が温まっていれば血液循環は良くなり、身体は効率的に温まるというわけなのです。首を温めるだけでも、体全体の血液循環が良くなり、ポカポカになります。

では、首を温めて血液循環がよくなることで、体にどんなよい効果があるのか紹介していきましょう。

1、首を温めて冷え性の改善

寒いと体調を崩してしまいがち。

かぜをひいたり、血行が悪くなったり、肩こり・腰痛や頭痛が起こったりといろいろ大変ですが、寒いとき、「ココを温めれば効率が良い」という3つの体の「首」があります。

3つの「首」とは、「首」「手首」「足首」のこと。

これらは太い動脈が皮膚に近いところにあるため、気温の影響を受けやすいのです。

ここが冷えると、冷たい血液が体をめぐり、全身が冷えてしまいます。逆に温めると血行がよくなり、また温かい血液が流れるため、体があたたまります。3つの首のなかでも特に首の後ろを温めることは、全身に温かい血流がめぐることになります。

2、首を温めて熟睡効果

人は眠る前に体温が下がります。
深い眠りであるノンレム睡眠や特に熟睡状態にある徐波睡眠の時が、最も体温が下がっているといわれています。
体温を下げやすくして眠りやすくするには、体温を上げる必要があります。

目や首を暖めるのも熟睡には効果的です。
血管が多い首を温めることで、血管を広げ、体温が下がりやす行くなりますし、目を暖めることで、副交感神経を刺激してリラックス状態を作り出すことができます。

きちんと睡眠がとれていないと、体にいろんな影響が出てきます。
目や首を温めて、質の良い睡眠ができるように心がけましょう。

3、首を温めて肩こり改善

特に冬は血行が悪くなりがちなので肩こりを感じやすくなります。
肩こりはパソコンの入力や同じ姿勢を長時間続ける仕事により、血流が悪くなることが主な原因です。

一般的な肩こり首こりを解消するには、肩や首がこっている部分を温めることが有効的な方法です。

肩こりにはマッサージも効果がありますが、首を温めてから行うと、よりいっそう効果が期待できますね。

4、首を温めて高血圧対策

寒い冬に首を冷気にさらすと、冷えた血液は脳に流れて、脳は冷気を感知します。
脳が冷気を感知すると体温を外に逃がさないように抹消部の血管を収縮させて血流を減らすように働くからです。

寒い季節になると手足の冷えが起こりやすく、ひどくなるとかじかんで動かしづらくなるのはこのためです。
血行が悪くなると血圧も上がります。
従って、手足の冷えや肩こり等を解消し、血圧を下げるには、首周りを温めて、抹消への血流を増やしてやればいいのです。

高血圧の人が、急に温度が下がる環境がよくないと言われるのはこのためですね。冬などに外出する時はもちろん、温かい部屋から寒い廊下やトイレに行く時も、首をマフラーなどで温めましょう。

5、首を温めて頭痛の改善

片頭痛は暖めると悪化し(血管が開くから)、冷やすと改善する。

緊張型頭痛は暖めると改善(筋の血流がよくなるから)し、冷やすと悪化する。片頭痛の場合はこめかみ(頭の前)を冷やし、緊張型頭痛の場合は頭の後ろを暖める方がいい。よく首筋を冷やすと頭痛が楽という方がいるが、これは神経が麻痺するための見せ掛けの改善であり、治りを遅くする。

緊張型頭痛は首を温めると改善されるのに対して、片頭痛の場合はこめかみを冷やした方がよいのですね。

ここでは、緊張性頭痛に注目してみたいと思います。
…というのも、緊張性頭痛は血行不良によって起こる症状だからです。

ストレスや疲労により、首~肩にかけての神経や筋肉が緊張した状態が長く続くと、首~頭の血行が悪くなり頭痛が生ずるというわけ!

つまり、血行を促進して筋肉の緊張をほぐすことができれば、
緊張性頭痛は改善するのです。

頭痛の原因が違うので、対処法も違うのですね。

6、首を温めてアトピー改善

 両耳の後ろから後頭部の髪の生え際一帯が、脳幹を活性化する絶好の癒しゾーン。

首の後ろを温めて、首のアトピーを含めたアトピーの症状を緩和させる方法です。アトピーの原因と脳幹の機能低下には大きな関係があることが知られています。ですから、脳幹をしっかりと働かせることができれば、アトピーの症状を和らげることができるのです。

首をポカポカ温めたり、心地よい刺激を与えることで脳幹を

薬に頼る治療よりも安全で、安心して行える治療法と言えますね。

首を温める効果について紹介しましたが、いかがでしたか?
血液循環がよくなるので、首を温めることはいいことがいっぱいですね。マフラーやカイロを使うのも良いですし、首を温めるグッズも多く販売されています。上手く利用してみましょう。