診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2016 4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スタッフブログ

2016年4月18日(月)

筋肉について④「筋肉がつく」ってどういうこと?

筋繊維が強く太くなることをいうんじゃ。運動をすると筋肉が一時傷つくんじゃが、前よりもさらに強くなって回復するんじゃよ。

【1】運動をする【2】筋繊維が切れる【3】たんぱく質などで補修される【4】切れた筋繊維が以前より強くなる

なるほど〜。筋肉の繊維が切れたり傷つくから運動したあとはからだが痛いのね。

 

筋繊維のしくみ

筋繊維の細胞の数は生まれた時から決まっています。

筋肉がつく・落ちるということは、一本一本の筋繊維が太くなったり細くなったりするということです。

筋繊維は非常に細くできていて、軽く動かしただけでもすぐに傷つき切れてしまいます。

切れた繊維はたんぱく質などによってすぐに補修されます。

切れる・補修するという働きを繰り返すとだんだん強い筋繊維が作られ、切れにくくなっていきます。

これをさらに繰り返すと筋繊維が太くなり、「筋肉がつく」という状態になります。

 

筋肉痛はなぜ起こるのか

激しいスポーツのあとや、急に運動した翌日などに筋肉痛が起こることがあります。

筋肉痛はこれまでの長い間、疲れを感じさせる物質である乳酸によるものと考えられていました。

最近では、運動によって筋肉や関節などが傷つき、傷ついた部分を再生するために炎症が起きていることが原因と考えられています。

 

骨折・捻挫・脱臼・打撲・肉離れ・スポーツ障害・リハビリテーション・交通事故・労災はオレンジ整骨院にお任せください!