診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2016 5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2016年5月23日(月)

外反母趾の原因になる「開張足」

これからの時期、足元からおしゃれを楽しむ女性の方も多いと思います!

ミュールやサンダルの季節になったけど、魚の目やタコが足の裏にできていたら、せっかくのオシャレも楽しめません。。。

自己流のケアで悪化させてしまう場合もあり、さらに魚の目やタコが治らない原因は、靴の選び方にあります!

魚の目やタコ、かなり多くの女性たちを悩ませているみたいです。また、ハイヒールなどをはき続けることによって重心が前に偏り、足裏のアーチがくずれてしまい「開張足」を引き起こしていることも?!

開張足って一体どんな足のことを言うの?

足の横アーチがつぶれてしまっている状態の足を開張足と言います。

こんな状態のことを言う

足の甲が横に広がって、平らになってます。通常、足の親指の付け根から、小指の付け根までは、横アーチと呼ばれるゆるやかな盛り上がりがあり、少し空間ができています。足のアーチは、子供の頃に裸足で遊んだり運動したりして、自然に出来あがりますが、靴が原因でアーチが崩れてしまうことが多いんです。

ハイヒールなどで、横アーチが圧迫され続けて崩れると、アーチが下がって落ち、いわゆる”横アーチの偏平足”状態になります。

開張足は外反母趾と密接な関係があり、外反母趾が進行することで開張足を引き起こす場合が、圧倒的に多いです。

一般的に、ハイヒールや足に合わない靴が外反母趾の原因と考えられていますが、靴が原因で親指が曲がるのではなく、足が開張足になってしまう事で、親指が曲がってしまうのです。

合わない靴をはく→開張足になる→それが原因で外反母趾になる。

足のアーチはバネみたい体にかかる衝撃を分散吸収してくれますが、それがなくなると外反母趾、内反小趾とか足趾の変形や、タコや魚の目ができる原因に・・・足の筋力が弱い人がなりやすい傾向にあります。

男性に比べて筋力が弱い女性や、筋力の低下により高齢の人になりやすい傾向があります。

原因として、靴の選び方もあるが、“ペタペタ歩き”が一番の原因。ペタペタ歩きは、本来使うべきある筋肉を使わずに歩いてしまい、筋肉が退化してしまいます。

かかとを擦って歩いたりするのもNG!自分にあった靴と筋力アップが改善の近道です。

足の痛みで悩んでいる方がいたらオレンジ整骨院へ何でもご相談ください(^^)