診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2016 6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スタッフブログ

2016年6月9日(木)

冷房病

冷房病とは?

夏になると、家やオフィス、電車でエアコン・クーラーなどの冷房をつけるようになります。ただ、電車やオフィスに冷房が入るようになると、冬場よりも冷えが深刻になると悩んでいる方も多いようです。 こうした症状に悩んでいる方は「冷房病」かもしれません。

冷房病の症状・原因

冷房病とは、冷房の強い環境により、自律神経の機能が乱れる病気です。 冷房病の症状は、倦怠感・肩こり・頭痛・風邪といった症状があります。 冷房病の原因は、夏の温度差による自律神経の乱れが原因です。夏は、皮膚の下の血管を拡張し、熱を逃がしやすい体になります。冬は、皮膚の下の血管を収縮し、熱を逃がしにくい体になります。このように、体は季節に応じて変化しています。しかし、夏型の体で長時間冷房環境にいると、自律神経が血管を収縮させ、冬型の体に変えようとしてしまいます。そして、夏場その状態で外に出ると、夏型の体に戻そうとしてしまいます。つまり、自律神経が季節を混乱し、体温調節機能が乱れてしまうのです。

 冷房病の対策

食事が熱の元となるので、三食きちんと摂る

熱のもととなる食事(特にたんぱく質)を摂るようにして、また定期的に運動をすることで筋力アップをすると、熱が作られるようになります。また、温かい飲み物で体を内側から温めましょう。

毎日5~10分の定期的な運動

座る姿勢を長時間することは、身体に良くないといわれています。定期的に椅子から立ち上がって身体のストレッチをしましょう。また、こまめに動くようにするとよいでしょう。

自律神経を整える

自律神経(特に交感神経)の働きを良くするためには、運動をすると良いようです。20~30分ほどの運動(ウォーキングなど)をすると、交感神経の働きが上手になってくるようです。交感神経の働きがよくなると、皮膚の血管を締めて、熱を逃がさなくなるようです。

ひざ掛けやストールなどを活用して冷やさないようする

長時間オフィスにいる人と暑い外での営業から帰ってきた人が同じ室温でいるのはそもそも難しいことなのですが、低めに室温を設定されていることが多いかと思います。そのままでいれば、体が冷えてしまいますので、膝掛けなどで下半身を温めて冷えから守りましょう。

これから夏に向けて冷房病になってしまう方もいるかもしれません。冷えは筋肉の緊張にも大きく影響してきます。これから体の調子を悪くさせないためにも対策を練っていきましょう!