診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2016 11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スタッフブログ

2016年11月16日(水)

エアコンの乾燥対策!

寒くなってきてエアコンをつけ始めた家庭も多いのではないでしょうか?エアコン使用時の乾燥対策していますか?乾燥する時期は冬だけだと思いがちですが、実は冬だけではありません。加湿器での対策もいいですが、加湿器がなくても簡単に乾燥対策ができますよ。暮らしの中のちょっとした工夫で快適な湿度を保ちましょう。

乾燥対策の基本的な方法

加湿したい部屋に洗濯物を干す

毎日でる洗濯物を加湿したい部屋に干すのが、最も手軽な乾燥対策です。部屋干しのニオイが気になるなら、窓側の日当りのいい場所に干しましょう。

洗濯物の量によっては、干した直後は湿度が高くなりすぎるかもしれませんので、湿度が高くなりすぎるようなら換気をしましょう。洗濯物はすぐには乾かないので、洗濯物を干すだけでも長時間加湿対策ができますよ。

観葉植物を置く

部屋に観葉植物を置くことで、土壌や植物の葉から蒸発する水分がおだやかに加湿してくれます。見た目にもさわやかで、心に潤いを与えてくれる素敵な加湿役です。

選ぶ植物は好きな植物でかまいませんが、特におすすめな植物はアレカヤシやオーガスタです。この2つは優れた蒸散作用を持っています。

植物には空気清浄作用やマイナスイオンを発生させる効果がありますので、リラックスしながら加湿したい方におすすめですよ。

お風呂場のドアを開けておく

部屋の間取りによりますが、夜寝ている間の乾燥が気になるのなら、お風呂に入った後にお風呂場のドアを開けておくと、浴室の湿気がお部屋に広がって、翌朝まで快適に過ごすことができます。

ただし、この方法を試す場合は浴室の換気扇は切っておきましょう。換気扇を回して行うと、逆効果になります。

湿度は寝ている間も影響しますので、快適な湿度を保つためにも、寝ている間の乾燥対策も怠らないようにしましょう。

石油ストーブやガスファンヒーターをつける

意外な加湿効果の1つに、石油ストーブやガスファンヒーターを使うという方法があります。石油やガスは燃焼時に炭酸ガスと水と熱に変わるため、加湿効果があるのです。

石油ストーブなら、ストーブの上に水を入れたやかんを置けば完璧です。ただし、これらのヒーターは二酸化炭素を排出していますので、使用するときには定期的な換気を忘れないようにしましょう。

マスクを着用する

喉の乾燥を防ぐためには、マスクを着用するのがおすすめです。保湿効果を高めた保湿マスクもありますので、用途に合わせてお選びください。

口を開けたまま寝てしまう方や鼻詰まりが気になる時にもマスクはおすすめです。マスクをして寝れば、睡眠時でも喉の乾燥を防ぐことができます。寝る時用のマスクも販売されていますので、気になる方は一度試してみてください。

水ぶき掃除をする

フローリングなど水拭きできる床なら、掃除をするときに水ぶきすると床から水分が蒸発するときに、お部屋の湿度が少し上がります。お部屋のほこりを水拭きで除去すれば、風邪やアレルギー対策にも効果的です。

もちろん、フロアー用のモップやウェットシートでも大丈夫ですよ。いつものお掃除で乾燥対策ができるのは手軽ですね。

霧吹きで水をお部屋にまく

霧吹きで水をまくのもおすすめです。消臭効果や除菌効果のあるスプレーをまく方法もあります。

好きな香りに包まれたいと思うなら、精製水に好みのアロマオイルを垂らした水をまくのもおすすめです。アロマ効果で心も潤しましょう。

ただし、まき過ぎには注意が必要です。床が濡れるほどまいてしまうと滑りやすくなるので危ないです。適度な量にとどめておきましょう。

水槽を置く

熱帯魚など飼育してみたいとお考えの方は、水槽を置くことで湿度を保つことができますよ。熱帯魚に限らず、美しい水草がたくさん入った水槽はインテリアとしても素敵ですよね。

生き物が苦手な方は、金魚鉢くらいの小さな容器に水草を育ててみてはいかがでしょう?観葉植物と同じような手入れで育てられますので、あまり負担がかからず湿度も保てて一石二鳥です。

濡れタオルは本当に効果あり?

手軽にできる乾燥対策の代表

濡れタオルを干しておく方法は、特に乾燥するホテルなどの乾燥対策でも有名です。ピンポイントで乾燥が気になるところにさっと干しておくだけで、加湿してくれますよ。

部屋干しの臭いが気になるときには、アロマスプレーをひと吹きしておくといいかもしれません。フェイスタオルだと加湿量が足りない場合は濡れバスタオルを干してみてください。

タオルがなければコップでもOK

タオルもなくどうしても乾燥が気になる場合は、コップなどに水やお湯を入れて置いてみましょう。急激な加湿はできませんが、水面から水分がおだやかに蒸発するので、適度な湿度を保ってくれます。

オフィスなどで濡れタオルが使えない場合はこの方法がおすすめです。花瓶に花を活けておくのもいいですね。ただし、こぼさないように注意してください。

顔の乾燥対策は?

化粧水スプレーが画期的

顔の乾燥対策にはメイクの上からでも手軽に乾燥対策できる化粧水スプレーがおすすめです。スプレーはアルコールフリーで保湿剤の入ったものを選びましょう。

手元にないからと、ただの水をスプレーすることはおすすめしません。なぜなら、余計に乾燥する原因になるからです。

保湿剤入りのスプレーをした後はしっかりなじませて、乳液などでふたをしましょう。その後化粧直しをすれば、化粧もちもよくなりますよ。

乾燥肌を守る食べ物

乾燥肌対策にはビタミンが欠かせません。ビタミンAは潤いを維持する効果、ビタミンBは新陳代謝を助ける効果、ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働き、ビタミンEには抗酸化作用があると言われています。

ビタミンを多く含む食べ物は、Aはウナギなど、Bは卵など、Cはパプリカなど、Eはアーモンドなどです。みんな手軽に手に入る食べ物なので、意識的に摂取してみてくださいね。

潤いお肌を保つ方法

乾燥肌を招く一番の原因は、間違った洗顔の仕方です。洗顔するときは、ぬるま湯で洗いましょう。温度の目安は人肌くらいです。冷たすぎても汚れが落ちませんよ。

また、オイルクレンジングを愛用している方も気を付けてください。肌のうるおいまで落としている可能性があります。乾燥が気になるなら、クレンジングを変えてみましょう。

正しい洗顔をした後は、化粧水でしっかり潤し乳液などでふたをしましょうね。

乾燥の原因と注意点

加湿が必要な理由

日常生活にはいつでも乾燥の危険が潜んでいます。季節的に乾燥する時期もありますが、エアコンなどを使用している部屋でも乾燥しがちになります。

空気が乾燥していると空気中のウイルス量が増えます。また、のども乾燥しますので、粘膜の働きが弱まりウイルス感染を起こしやすくなります。それらを防ぐためにも、適度な湿度を保つようにしましょう。

快適な湿度の目安

室内の快適な湿度の目安は、夏は55%から65%で、冬は45%から60%と言われています。

湿度が低すぎるとウイルスの生存率が上がりますし、静電気も起きやすくなります。湿度が高くなりすぎると、不快感を感じますしカビやダニが繁殖しやすくなります。

人にとって過ごしやすい湿度を保つことが、病気やカビを防ぐ近道だということを忘れないようにしましょう。

湿度計がなくてもできる乾燥チェック

一人暮らしの方などお部屋に湿度計のない場合もあるでしょう。乾燥度のチェックは身近なものでもできますよ。

コップに冷たい飲み物を入れて置いておくと、周りに水滴が付きますよね。この水滴がつく時間で乾燥度が判断できます。ある程度の湿度に保たれている部屋に冷たい飲み物が入ったコップを置くと、すぐに水滴が付きます。

一方、乾燥気味のお部屋では、2~3分しても水滴がつきません。

加湿のしすぎもよくない

加湿のしすぎが招くのは、カビやダニの繁殖です。カビやダニは70%以上の湿度が大好きです。室温が20度から30度で湿度が70%を超えるような場合は、換気などをして除湿しましょう。

また、加湿しすぎると結露も発生します。結露はカビやダニだけでなく、腐朽菌や白アリの発生にも影響します。見える所だけでなく、見えないところにも発生することもありますので、注意が必要です。

乾燥対策をして体調管理にも気を付けましょう(^^)