診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2016 11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スタッフブログ

2016年11月30日(水)

気象病②

 

おはようございます。

気圧と日照時間の変化による身体の影響

 

日照時間の変化とセロトニンの関係

 

高気圧のときは、天気もよく気持ちもすっきりとしていることが多いですね。天気が良くて日照時間も長いことで、日光を浴びる時間も長くなります。

日光を浴びると、ビタミンDの合成や、「セロトニン」という脳内物質の分泌が活性化することなどが知られています。

このセロトニンは、脳を覚醒状態にし、頭をスッキリとさせてくれます。また、気分を安定させる、自律神経のバランスを整えて、寝つきをよくするといった働きがあります。

逆に、天候が悪く日照時間が短くなることで、このセロトニンの分泌を抑制するといわれています。

日照時間と睡眠の関係

 

日照時間が短くなると、睡眠全般の質が低下する可能性があります。寝つきをよくするセロトニンが少なくなることもありますが、日照時間が人の体内時計に影響しているためです。

人の体内時計は25時間といわれており、時計の刻む時間(24時間)に合わせていくとズレが生じてしまいます。

この体内時計をリセットしてくれるのが日光です。この日照時間が短くなることで、体内時計にズレを生じることがあるといわれています。

このように、気圧や日照時間の変化は身体へさまざまな影響を与えます。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。