診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2016 12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スタッフブログ

2016年12月2日(金)

風邪かな?

おはようございます。

寒くなってきて風邪をひきやすい季節になりました。

そんな時効率的に風邪を治す栄養素のご紹介です。

■「風邪かな?」と思ったら摂りたい栄養素・食べ方のコツ

風邪のときも、栄養の基本は「バランスのよい食事」です。もちろん、ダイエット中であっても、風邪かもしれないと思ったら、ダイエットはいったんお休みです。ダイエットは食事からのエネルギー源を減らして、体脂肪等を燃焼することで体重を下げていきます。摂取エネルギー量が不足すると、相対的に免疫力を強化するための栄養素が不足しやすくなります。そのため、免疫力が低下して、治りが遅くなってしまいます。

風邪予防や風邪をひいてしまったときに、免疫力を上げるために特に意識したいことは3つあります。

●1.ビタミン類を多めに摂る

ビタミンは食事に含まれている栄養素を身体に必要な成分に変換して使う際の潤滑油です。潤滑油が不足すると身体に必要な栄養素が必要な場所へ供給されづらくなるため、抵抗力が弱くなります。そのため、ビタミンが体内で飽和状態になっているほうが風邪の治癒も早くなります。

ビタミン類の中でも特に多く摂りたいものは「ビタミンC」「ビタミンA」「ビタミンB1」です。多く含まれている食品は以下のような食品です。

・ビタミンC:レモン、いちご、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリーなど

・ビタミンA:レバー、うなぎ、卵、ニンジン、カボチャ、小松菜など

・ビタミンB1:豚肉、米の胚芽部分(精白米にはついていません)、大豆など

●2.温かい料理を食べる

低体温のときには免疫力も下がりやすくなってしまいます。熱があって体温が高かったとしても、汗などで身体を冷やしてしまうことがあります。そのため、身体をしっかり温めることが大切です。横になって安静にしているときも「温かくして休みましょう」と言われますが、食事でも身体を温めましょう。冷たい料理よりは温かい料理を選ぶと身体の内側から温まりやすくなります。熱があるときは冷たいものが美味しく感じられますが、冷たいものは身体が冷えやすくなってしまうのでできるだけ食べないようにしましょう。

●3.水分をたっぷり摂る

風邪のときは、水分をたっぷり摂りましょう。熱があるときは通常時よりも汗や呼気から水分が出ていきます。そのため脱水状態になりやすいのです。飲むのは白湯や番茶のようなカフェインの少ない飲み物がよいでしょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。