診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

スタッフブログ

2017年2月8日(水)

産後の腱鞘炎

産後に腱鞘炎が起こりやすい理由は、「3kg前後の赤ちゃんをずっと抱っこする生活」「産後の女性は筋肉量が衰えていること」が挙げられます。特に初めての出産では、赤ちゃんを抱っこすること自体に慣れていないため、落とさないようにと無意識に肩や手首に力が入ってしまって手首を余計に酷使しています。

また、毎日おむつ交換や沐浴、授乳などの慣れない作業も、手首への大きな負担に。産後は突然今までやってこなかったような作業が増える上、長い妊娠生活で筋力が衰えているせいで腱鞘炎になりやすいのです。

産後に腱鞘炎で手首が痛いときは・・・?

産後に腱鞘炎になってしまうと、何をするにも手首が痛くなってしまいます。痛みを我慢しながら育児をするには、限界があるかもしれません。何より赤ちゃんを抱っこしてあげられないのはつらいですよね。腱鞘炎と思われる手首の痛みを感じたら、早めに適切な治療を受けましょう。

腱鞘炎の治療は痛みの程度によって異なります。我慢すればするほど痛みは日に日に増していき治療も長引いてしまいます。早めに医療機関に相談しましょう!

産後の腱鞘炎の対策は?

病院で治療を受けても、完治するまでは手首の痛みが続きます。腱鞘炎はできるだけ痛い部分を動かさないようにすることが治療を早めるので、必要なとき以外は手首を使わないようにすることが大切ですよ。赤ちゃんを抱っこするときは腕全体で支え、家事はパパや両親の助けを借りることが早期回復を促します。そして、以下のポイントに注意してできるだけ手首を使わない生活を心がけましょう。

手首を守る生活改善ポイント

1. 字を書かない
2. 食事では箸よりフォークやスプーンを使う
3. 料理時は包丁ではなくピーラーなどの調理器具を使う
4. 携帯電話やスマートフォンの操作を控える
5. 重いものは持たない

上記以外にもいろいろ気を付けること、また腱鞘炎に効果的なストレッチもあるのでご相談ください(^^)