診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2017年10月11日(水)

柿に含まれる栄養とその効能は?
柿には、みかんの2倍の量が含まれているビタミンCやビタミンA、さらに、βークリプトキサチンや、カリウム、タンニン、食物繊維などが豊富にふくまれています。
ビタミンC。これは、骨や皮膚を強くしたり、免疫力を高めて、風邪などのウイルスへの抵抗力をつけてくれます。
さらに、活性酸素を抑える抗酸化作用があります。ガン予防やアンチエイジングにも効果的♪
美容面では、コラーゲンを作るのを助けたり、肌のシミやくすみを改善したりする美肌効果もあります。

ビタミンAは、粘膜を強くしてくれるため、免疫機能を高め、風邪などのウイルスから体を守ってくれます。
そして、β―クリプトキサチン。これは、強力なガン抑制作用があるといわれているんです!ビタミンCとの相乗効果で、ガン予防に効果的と言われているんです。
また、食物繊維も豊富で、発がん性物質や塩分、腸内の老廃物などを排出してくれる働きがあります。
さらに、さらに、カリウムとタンニンですが、あのつらーい二日酔いに効果絶大です!

どのくらい食べればいいの?柿の摂取量
柿はそのままだけではなく、干し柿として食べることも多いですよね。保存食として長く楽しめるのがいいのですが、水分が少ない分、栄養も凝縮されているんです。
効能としては、高血圧や脳卒中の予防、二日酔い、むくみなどに効果があります。ただし、皮をむいて干すと、ビタミンCは減ってしまうので、要注意!
これだけ栄養豊富な柿、ぜひ、摂取したいですよね♪それでは、どれくらいの量をとればいいんでしょうか?たくさん食べても大丈夫なの?
柿は、摂取しすぎると、お腹を冷やして消化不良になったり、便秘を起こしたりしてしまいます。また、タンニンが鉄と結合してしまうため、鉄分不足に陥ってしまう可能性があるんです。
いくら体にいいといっても、食べ過ぎは禁物ですよ。適量は、一日に1個から2個がちょうどいいとされています。これを守ってください。
柿の皮や葉にも栄養がいっぱい♪
実は柿って、「柿の皮って食べる?食べない?じつは栄養豊富♪」にもあるように、皮も栄養がたっぷりなんですよ。
特に果肉よりも皮に多く含まれているペクチンは、体の老廃物や有害物質を排出したり、糖分の吸収をおさえて血糖値を上がりにくくしたり、コレステロールの吸収をおさえたりする働きが!
天日干しにしてそのまま食べたり、きんぴらなどの煮物や漬物などに入れて使ったり、デザートのトッピングとして使ったりしてみてくださいね。

さらに、葉にも栄養があるんです!健康茶として注目されている、柿の葉茶としても使われています。
特にフラボノイド配糖体というポリフェノールは、血圧を下げる働きがあるんです♪高血圧に伴う肩こりやめまいなどの症状を和らげてくれます。
また、ビタミンCも豊富なので、免疫力を高めたり、美肌効果も期待できるんです。普通、ビタミンCは熱に弱いのですが、柿の葉のビタミンCは熱にもそれほど弱くないので、体に吸収されやすいんです!
タンニンも多く含まれていますが、実はタンニンは、余分な脂肪を分解したり、血流を良くして基礎代謝を上げたりする働きがあるんです♪ダイエット茶としても注目されているんです。
ただし、柿の実と同じように、柿の葉茶も飲み過ぎると、タンニンの摂りすぎで便秘や貧血になりやすいという面があります。
タンニンが鉄分の吸収を妨げるので、食前食後は飲むのを避けましょう。1日2杯ぐらいまでにして、玄米茶やハトムギ茶などとブレンドして飲むといいです。

 
実だけではなく、皮や葉まで活用できる柿。上手に摂取して、健康で元気な生活をおくりましょう♪