診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スタッフブログ

2017年3月31日(金)

ジャンパー膝とは?

ジャンパー膝は、ジャンプ動作を頻繁に行うことで発生するスポーツ障害です。ジャンプ動作は多くのスポーツで多用されることもあって、スポーツ障害としては起こりやすい部類に入ると言えます。どのようなスポーツがジャンパー膝を起こしやすいのかなどを紹介します。

ジャンパー膝の概要と症状

ジャンパー膝は、スポーツ障害によって起こす膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎という二種類の腱に起こる炎症の総称です。膝蓋腱は脛側、大腿四頭筋腱は太腿側にある腱のことで、膝の曲げ伸ばしの際に働く性質を持っています。ジャンパー膝は、膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎の片方または両方同時に発症し、膝の機能に障害をもたらすことがあります。ジャンパー膝の症状としてはジャンプ動作時の膝の痛みがありますが、症状が重くなると膝蓋腱・大腿四頭筋腱の断裂を招きます。

ジャンパー膝の原因

ジャンパー膝はその名の通りジャンプ動作の多用を原因として発症します。ジャンプ動作は、飛び上がった瞬間と着地した瞬間の二度にわたって膝に強い衝撃を与えます。飛び上がった瞬間は自分の体重を持ち上げた分の衝撃が掛かりますが、着地した瞬間は自分の体重に重力を加えた衝撃が膝に掛かります。膝への強い衝撃を伴うジャンプ動作を繰り返すことで、膝を動かす腱の損傷を招き炎症の原因となっているのです。

ジャンパー膝が起こりやすいスポーツ

ジャンパー膝の発症原因となるジャンプ動作は、多くのスポーツに見られる共通動作の一つです。つまり、多くのスポーツは潜在的にジャンパー膝を発症する可能性があると言えますが、ジャンパー膝を発症しやすいスポーツはある程度絞られてきます。特にジャンパー膝を発症しやすいスポーツとしては、バスケットボールやバレーボール、バトミントンなどの一定の高さを頻繁に越えて攻撃する必要がある球技が挙げられます。ハードル走などのジャンプ動作を頻繁に行う陸上競技も、ジャンパー膝を起こしやすいスポーツに含まれます。

ジャンパー膝の治療

ジャンパー膝は放置しておくと腱の断裂を招く為、出来るだけ早いうちに対処しておく必要があります。初期のジャンパー膝は、運動後のアイシングで痛みを沈め炎症を抑えるように心がけます。ジャンパー膝の症状はジャンプ動作に伴って起こりますが、ジャンプ動作なしでも痛みを感じるようならば、ジャンプ動作を伴うスポーツを休止してアイシングと安静にするように努めます。様子を見ながら、休息中に衰えた筋力を取り戻す為のトレーニングを開始し、完治してから運動を再開するようにしましょう。腱が断裂していた場合は、外科手術で腱を縫合する必要があります。

膝に痛みや違和感が出たら早めにオレンジ整骨院に相談してください!

2017年3月30日(木)

足がつる

足がつる原因

足がつることは、筋肉の痙攣が原因となって起こります。この筋肉の痙攣は、発汗などによる脱水とミネラル不足や、神経の異常反射などが原因となって起こります。また、極度の疲労によって筋肉が異常収縮を起こすことで痙攣が起こる場合もあるようです。運動で足がつる場合は水分不足などが原因となり、寝ている最中に足がつる場合は疲労や神経の誤作動が原因となっているようです。

こむら返りとの関係

足がつるという症状は、こむら返りと同じものとして扱われることが多いようです。実際には、ふくらはぎ周辺の筋肉がつることをこむら返りと言い、「足がつる」ということはこむら返りを含めた症状全てを指しています。つまりこむら返りも足がつることも、同じ原因によって発症しているものと捉えてよいと言えます。

足がつったときの症状

足がつると、途端に動けなくなるほどの強い痛みが起こります。痛みが酷いとその場にうずくまって立ち上がることも出来なくなるほどです。痛み以外の症状では動悸やめまい、大量の発汗が起こります。つっている部位は見ただけでわかるほどに筋肉が隆起して硬くなっています。足がつることは、安静にしていれば自然に鎮まる時もありますが鎮まるという保証がないので、苦しい思いをすることも少なくないのが難点と言えます。

足がつらないための予防

足がつるのは、筋肉が極度の疲労などで緊張状態に置かれることが主な原因となっていると言えます。そのため、疲労回復を早めるために足の血行を促進してあげることが最善の予防策であるといえます。足の血行を促進するためには、運動の前後や寝る前にストレッチやマッサージを行うことが大事です。マッサージを行う際には、太腿から足首に向かって優しく筋肉を押していくようにします。また、足湯などで足周辺の体温を高めることも血行の改善に効果があります。血行の改善以外では、マグネシウムやカルシウムなどの不足しがちなミネラルを補給することが効果的です。

足がつった時の治療

運動後に足がつった場合は、ふくらはぎを抑えながら足首を内側に曲げて筋肉の収縮を促すのが一般的な治療法です。痙攣が治まったら、マッサージを行って足の血行を整えるようにします。痛みが続く場合は、冷湿布を患部に貼ると良いでしょう。

それでも症状が落ち着かない場合はオレンジ整骨院にご相談ください!

2017年3月29日(水)

花粉症の症状の緩和におすすめする8つの食べ物

これから花粉症の方はつらい時期になりますね(><)花粉症の症状の緩和におすすめする8つの食べ物を紹介します☆

1.緑茶、べにふうき茶、てん茶

茶に含まれるポリフェノールのカテキンは、抗酸化作用や抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、活性酸素抑制作用などの効果が知られています。

2.赤ワイン、落花生

ポリフェノールの一種であるレスベラトロールがアレルギーを抑える働きがあると言われています。

3.しそ

ポリフェノールの一種であるロズマリン酸は、抗アレルギー作用や抗炎症作用、抗酸化作用に期待ができます。

4.いちじく

ポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含んでおり、抗アレルギー作用があると考えられています。
いちじくは食物繊維や鉄分、ミネラル、カルシウムなどの栄養素を多く含んでおり、乾燥することによってより一層栄養価が高まります。

5.りんご

りんごポリフェノールには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの活動を抑制する効果が期待されています。

6.トマト

トマト果皮にあるポリフェノールに強い抗アレルギー作用があると言われています。
この成分はトマトジュースやトマトケチャップに使われる品種に多く含まれており、生食用トマトにはほとんど含まれていません。

7.にんじん

にんじんに含まれるベータカロテンは免疫系に関与すると考えられ、抗アレルギー作用に期待がもてます。

8.しょうゆ

しょうゆに含まれる多糖類に抗アレルギー作用があることが確認されています。

花粉症でくしゃみが止まらない方は肋骨やその周りの筋肉を傷めてしまうことがあります。
背中やわき腹付近が痛くなったら早めに相談しましょう!
2017年3月28日(火)

ストレートネックの症状について

ストレートネックは病名ではなく、レントゲン写真で首の骨(頸椎)が本来持っている曲がり(生理的弯曲(わんきょく))がなくなってしまっている状態のことをいいます。原因は、姿勢の悪さ、パソコンやスマートフォンなどの長時間の利用、首の使い過ぎ、頸椎椎間板ヘルニアなどの病気が主なものとされています。レントゲンでストレートネックが認められたからといって、必ずしも全員に症状が出るわけではありません。

ストレートネックの症状(1)無症状

ストレートネックがあっても無症状な人も多いです。

ストレートネックの症状(2)首の痛み

重たい頭を支えるために筋肉が緊張することで、首などの痛みが起こります。痛みの程度は個人差が大きく、その人の骨格や筋肉の付き具合などによって痛む場所も異なることがあります。

ストレートネックの症状(3)肩こり

(1)首の痛みと同様に、筋肉の緊張によって肩こりが起こります。これも(1)と同様に、痛みの程度は個人差が大きく、体格によってこる場所が異なることもあります。

ストレートネックの症状(4)手のしびれ

ストレートネックの原因が椎間板ヘルニアなどである場合、首の神経が圧迫されることで手のしびれなどの症状が起こることがあります。

ストレートネックの症状(5)その他の症状

頭痛や吐き気、めまいや脱力感などが起こることがあります。頚椎由来の頭痛は後頭部がもっとも多く、次いで側頭部です。前頭部が痛くなることはまずありません。

 

何か気になる症状がある方はオレンジ整骨院にご相談ください★

2017年3月27日(月)

ストレートネック

ストレートネックは、病名ではなくレントゲン上の所見です。整形外科などの病院でレントゲン写真を撮ることで、はじめて診断が可能です。ストレートネックだからといって、全ての方に肩こりなどの症状が現れるわけではありません。しかし、ストレートネックであると、肩こりや首の痛み、腰痛といった症状を起こしやすいのも事実です。ストレートネックそのものを治すというより、それにともなう症状を少しでも良くするために、姿勢や意識、生活習慣の改善が重要です。それに加え、飲み薬やリハビリなども取り入れながら生活していくうちに改善されるかもしれません。

ストレートネックの診断・治療法について

ストレートネックの代表的な症状は、肩こりや首の痛みなどです。ストレートネックの疑いがある場合は見かけだけではわかりませんので、整形外科などの病院でレントゲン写真を撮ってもらい、自身の症状や身体の状態を明確にしましょう。

ストレートネックの治療法

ストレートネックそのものを治す方法はありません。というより、ストレートネック自体が症状の原因というわけではなく、長時間のデスクワーク等による姿勢、生活環境の結果起こるものとする意見もあります。ですから、治療は出ている症状を改善するために、症状に合わせて行います。具体的には以下のことを必要に応じて行います。

  • 低周波や電気治療
  • 筋肉を緩めるマッサージ
  • 薬剤など
  • 生活環境の改善やストレッチ、意識改革等の指導

ストレートネックは治るのか

ストレートネックを元通りに治すのは難しいかもしれません。しかし、必ず治さないといけないかというと、そうともいえません。実際、症状がない方も大勢いますし、あくまでレントゲン上の話です。ただ、肩こりや首の痛みといった症状が起こりやすく、日常生活にとって非常に不便です。毎日正しい姿勢で過ごし、長時間座ったままでいることを避けるなど、生活習慣を改善させていくことが、ストレートネックとそれによる症状をこれ以上悪化させないために一番大切なことです。

首の痛みなどでお困りの方は一度オレンジ整骨院にご相談ください!