診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

・ サイトマップ

スタッフブログ

2018年3月8日(木)

尿漏れ

おはようございます。今日は生憎のお天気、午後からはさらに強くなるみたいです。お出かけの方はお足元にお気を付けくださいませ。

人に言えない恥ずかしいトラブル。「尿漏れ」はその代表例ですね。尿漏れに悩みを抱えている方は、もしかしたら骨盤底筋の動きが弱まっているかもしれません。骨盤底筋は骨盤の底にあり、ハンモックのように骨盤や内臓を支えている筋肉です。実は、この骨盤底筋を鍛えると「尿漏れ」が改善するだけでなく、姿勢改善やウエストサイズ減も実現するという嬉しいメリットがあります。毎日短時間でできるので試みてもいいかもしれませんね。

骨盤底筋 に対する画像結果

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年3月7日(水)

若返りの魚【鮭】の抗酸化力がすごい!

“注目成分”アスタキサンチン

・アスタキサンチンとは...天然の赤い色素で、エビやカニ、サケに含まれているカロテノイドの一種。カロテノイドは活性酸素を消去する、抗酸化作用を持つ成分として注目されています。

1.高い抗酸化作力

ビタミンCの約6,000倍の抗酸化作用

コエンザイムQ10の約800倍の抗酸化作用

ビタミンEの約500倍の抗酸化作用

β-カロテンの約40倍の抗酸化作用

2.シミ・しわを防ぎ、ハリを保ち、肌の老化を防ぐ

アスタキサンチンは、四種類ある活性酸素の中でも、特に毒性の強い一重項酸素の酸化反応と、体組織を連鎖的に破壊していく過酸化脂質の成分を抑える力をもっています。

活性酸素の中で、一重項酸素、紫外線を浴びたときに皮膚に発生し、シミやシワなどの原因になると言われています。

「アスタキサンチン一重項酸素に対して顕著なパワーを発揮することがわかっています。」

紫外線のダメージを受け活性酸素が増えるとコラーゲン線維が破壊され、肌はハリや弾力が失われて硬くなり、たるみやシワなどができやすくなります。

一重項酸素二対して、絶大な抗酸化パワーを発揮するアスタキサンチンは、老化架橋や減少など、コラーゲンの変化を防ぎ、シワの抑制に大きな効果を発揮します。

3.肌の水分量アップ

乾燥肌で悩んでる人を対象にした実験では、アスタキサンチンを1日2㎎飲んでもらい、2週間後、4週間後の肌の水分量を測定したところ、アスタキサンチンを摂取していた人たちは、日を追うごとに目の周り、頬のどちらの水分値も上昇しました。

この実験は肌が乾燥しやすい冬に行われたため、比較対照のために実験に酸化したアスタキサンチンを摂取していない人たち普通肌の人たちは、目の周りの水分値にはほとんど変化がなかっただけでなく、4週間後の頬は乾燥がより進んでいました。

4.ダイエット効果

アスタキサンチンには、体がエネルギーを使うときに、糖分よりも脂肪分を優先的に利用する働きがあります。

アスタキサンチンを摂取することで、代謝が良くなり脂肪が燃えやすい体質が作られるのです。

動物実験では「アスタキサンチンを投与すると、脂肪燃焼を促進する」「高脂肪食を続けても肥満しにくい」「糖尿病のマウスが脂肪肝や糖尿病腎症を発症しにくい」「血圧や血糖値を下げる効果がある」「コレステロールが悪玉化しない」などの結果がでているといいます。

アスタキサンチンは、体を動かすときに脂肪が燃焼しやすい体質を作ってくれます。

太りやすかった人も自然と太りにくい体質に変わっていくのです。

5.眼精疲労の防止

眼精疲労がある人がアスタキサンチンを摂取することで、調整機能の改善や自覚症状の改善が確認されています。実際に富山医科薬科大学の眼科で行われた試験でも、一ヶ月間、5㎎のアスタキサンチンを摂取したところ、目のピント調整機能が改善したという報告もあります。

現代人はパソコン仕事、長時間のゲームやテレビなどで目が疲労しています。

目の疲れを取るだけでなく、目の老化や病気を防ぐアスタキサンチンは、現代人に必須の成分と言えるでしょう。

6.自然治癒力を高め、悪玉コレステロールを予防

アスタキサンチンは万病のもとになる活性酸素を除去し、免疫力を高め、自然治癒力を高めてくれる物質です。これによりガンなど病気の発生も阻止することができるのです。

また、血行を改善し、悪玉(LDL)コレステロールがたまるのを防ぐので、心筋梗塞や脳卒中の予防に効果的です。

7.EPA DHAが豊富

鮭にはDHA[ドコサヘキサエン酸]とEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれており、特にこれらの脂肪酸は学習・記憶力の向上に加え、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など生活習慣病(成人病)の予防効果があると言われている。

これらの脂肪酸には血液の流れを良くする(サラサラにする)働きがあり、さらに血管の若返りにも役立ちます。

その結果、高血圧の予防にも効果があります。

アスタキサンチンを多く含む食材は

アスタキサンチンは、エビやカニの殻などにも含まれますが、身の部分で摂取できるのは鮭だけなんです。

臨床実験でも実証されているんですが、アスタキサンチンを1日に6㎎摂取すると深く刻み込まれた目元のシワが一目瞭然に薄くなり、ハリも出たという結果があります。

アスタキサンチンは鮭を焼きすぎて焦がすと損失してしまいますのでご注意を!!

タマネギなどの野菜類とホイル焼きにすると、DHAの流出も防ぎ、ビタミンCがアスタキサンチンの効果を増やします。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年3月6日(火)

季節の変わり目

冬から春の季節の変わり目は体や肌の不調を感じる方が多いようです。

なんとなくだるい・頭痛・アレルギー症状の悪化など…

そしてこの時期に気をつけたいのが「腰痛」です!

体はまだ冬の寒さで硬くなったままなのに、知らずに体を動かすと筋肉がついてこれず、腰痛を発症させたり悪化させやすくなります。

暖かくなり、急に運動を始めると意外にギックリ腰になってしまう方も多いようです。

急な動き出しや、重いものを持つ時などは十分に注意してくださいね☆

 

万が一ギックリ腰の症状が出てしまったら、お早めにオレンジ整骨院へお越しください。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年3月5日(月)

こんにゃく

おはようございます。今日は、あたたかいですが、暴風雨が降る模様です。お気を付けくださいませ。

あたたたかくなってきて薄着になると、体形が気になってきます。ダイエット!!ダイエットと言えば、こんにゃく。こんにゃくは、栄養価はほとんど含まれてないですが、微量に、こんにゃくに含まれている栄養価は・・

・ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄・銅・食物繊維

 中でも食物繊維は、他のミネラル類に比べ多く含まれていて、100gあたり、2.2g含まれているそうです。2.2gとは、250gのこんにゃくを食べると、キャベツ6~7枚分の食物繊維と同じ量が摂取出来ると言われています。この食物繊維が、こんにゃくの最大の魅力です。こんにゃくに含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維で、(グルコマンナン)っと呼ばれ、水溶性の食物繊維の1つで、水と一緒に摂取すると膨らむみ、主にダイエット食品に使用されている物質。この活躍によって、こんにゃくにはこのような効能があります。

・便秘予防

・コレステロールを下げる効果

・生活習慣病予防

・糖質、脂肪吸収効果

・がん予防

便秘の原因とも言われているのが食物繊維不足。

不規則な食生活が原因で、食物繊維が上手に摂取できず、便秘に悩まされる方も多いのではないでしょうか。安くておなかも満たされる“こんにゃく”いかがでしょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。交通事故、労働災害指定施術所。

2018年3月3日(土)

桃の節句

おはようございます。

気温がだんだん暖かくなってきて、春が近づいているようですが,花粉症の方にはつらい時期ですね(>_<)

アレルギー体質の人は、花粉症になる可能性が高いのですが、アレルギー体質でない人も長年花粉を取り込んで、カラダの一定の許容量を超えると、突然花粉症が発症する可能性があります。

では、花粉症を発症してしまったら食生活はどんなことに気をつければ良いでしょうか。

高たんぱく、高脂質・・・近年食の欧米化が進み、肉類の摂取量が増えて高タンパク・高カロリーの傾向になってきました。長い期間にわたって、高タンパク・高カロリーな食生活を続けていると、花粉症になりやすいと言われています。

花粉症の症状が出たら、できるだけ高カロリーになりがちな食事などは控えめに、そして幅広い食べ物からさまざまな栄養素や成分が摂れるようにバランスを心がけてください。

例えば、脂肪の多い肉類は避けて、赤身肉やささみ、魚などを適量食べましょう。青魚などに多く含まれている不飽和脂肪酸のEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがあることも知られています。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。交通事故、労働災害指定施術所。