診療時間
オレンジ整骨院
月曜~木曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜
9:00~15:00
祝日
9:00~13:00
休診日
金・日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2017 3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2017年3月23日(木)

ロコモティブシンドロームのチェックリスト

ロコモティブシンドロームは、日頃の生活における動作をチェックすることで、その可能性があるかどうかがわかります。以下の項目のうち、もし、ひとつでも当てはまるようであれば、ロコモティブシンドロームの兆候があると言えるでしょう。

  1. 片足立ちをしたままで靴下が履けない
  2. 家の中なのにつまずいて滑ったりすることがある
  3. 手すりなしでは階段を登ることができない
  4. 掃除機をかけたり布団を干したりなどの家事がしづらい
  5. 2kg程度の買い物の持ち運びが難しい
  6. 15分ぐらい続けて歩くことができない
  7. 横断歩道を青信号の時間内に渡りきることができない

「ロコモ25」でロコモ度をチェックしよう

ロコモ25とは

ロコモ25とは、運動器機能の低下によって要介護になるリスクを持った高齢者を早期に発見する質問票です。具体的には、

「背中・腰・お尻のどこかに痛みがありますか」

「普段の生活で体を動かすのはどの程度つらいと感じますか」

といった設問が全部で25個あります。各項目は5段階評価で構成されており、採点結果からロコモティブシンドロームの度合いを判断できるようになっています。

専門医でなくても使えるツール

ロコモ25は整形外科の専門医でなくてもロコモティブシンドロームを発見することが可能なツールです。

「ロコモ度1」と「ロコモ度2」の違いとは

ロコモティブシンドロームはその度合いによって「ロコモ度」が設定されています。

(1)ロコモ度1

移動機能が低下してきている状態で、ロコモ25の採点結果が7点以上15点以下であればロコモ度は「1」と判断されます。この状態は筋力やバランス力の低下も認められるため、運動を習慣づけることが大切です。

(2)ロコモ度2

ロコモ25の採点結果が16点以上になると、ロコモ度が「2」と判断されます。ロコモティブシンドロームのリスクが高い状態で、この状態は自立した生活が行えないリスクも高まっています。痛みや痺れなどをともなう場合は運動器系の病気が原因の可能性もあります。早急に受診をするようにしましょう。

定期的なセルフチェックの実施がポイント

ロコモ25はセルフチェックにも使えるため、定期的にテストを実施し、自身の機能状態を把握して予防に努めましょう。

ロコモティブシンドロームの予防・啓発をするサイトや情報誌などもありますので、それらを参考にするのもいいでしょう。