診療時間
オレンジ整骨院
月曜~木曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜
9:00~15:00
祝日
9:00~13:00
休診日
金・日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2017 2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2017年2月28日(火)

ささくれは剥かないで!

ささくれは、爪の根元を覆う部分の表皮が剥けている状態のことを言います。

爪周辺の皮膚が、切ったり引っ張ったりといった物理的な要因がないのに、自然と部分的に剥けてしまった状態。

ささくれが出来る原因は?

タンパク質が不足したり、皮膚や髪の毛を作るために必要なビタミンB2が不足したりすると、ささくれになりやすくなる。

他にも皮膚の乾燥や、薬剤などの外部刺激によっても引き起こされることがあります。

ささくれは剥いてはだめ!

ささくれをめくってしまう傷からばい菌が入ってしまい化膿してしまったりするので絶対にしないようにしてください。

細菌感染をおこして、カンジダというカビに感染してカンジダ性爪周辺炎をおこしてしまったり、ひょうそになってしまう場合もあります。

何気なく剥いたささくれが、爪を切開しなくてはいけないくらい重症になることがある。

ささくれの処置方法は?

保湿効果のあるクリームや軟膏などを塗ることがまず考えられる処置の方法。

赤く腫れたり、熱を持ってしまった場合、菌が入って炎症を起こしているので必ず皮膚科や専門医のところに治療に行きましょう。

日頃からハンドクリームを手の甲だけではなく、爪の周りにも塗ってマッサージをするとささくれの予防になります。

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年2月27日(月)

「手」と「心」の意外な関係

手が温かい人は心が冷たい。手が冷たい人は心が温かい」なんて言いますよね。

誰もが迷信と思いながらも、日本で長く語り継がれてきた俗説。

なぜ手が温かい冷たいという違いができるのでしょう?

実は、体を冷やすために必要な血液を循環させることが得意な人と苦手な人がいます。

手の冷たい人は、血液の循環自体は多少なり出来ているものの、血管が収縮しているため皮膚表面近くまで回る血液が少なく、その結果体の中心の温度はなかなか下がらない。

●あなたの手は、冷たいですか?温かいですか?

何事にも動じない人は感情的な人より手が温かい。

ドキドキしがち、手に汗握る状態になりがちな感情豊かな人の方が手は冷えやすい。

手のひらの温度が高い人ほど人づきあいが好きで、逆に手のひらの温度が低い人ほど人付き合いが苦手。

手の冷えと、心の状態の関係とは?

自律神経が緊張してしまい、交感神経が働いている状態。

緊張すると血管や筋肉が収縮します。これらが収縮すると、末梢への血流が滞りますので手が冷たくなります。

手が冷えていたら、腎のケアを始めよう!

腎臓は尿だけでなく、血液や水分、ホルモンなどを通して体内環境を全体にわたって調整する役割をしています。腎臓に異常が起こると体のさまざまな部分にいろいろな障害が生じます。

腎臓が不健康だと、なかなか他の部位も治りにくい。

最優先くらいの勢いでケアしましょう。

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年2月25日(土)

利き手じゃない方の手

普段なかなか使わない利き手じゃない方の手。

利き手は先天的なものなので、利き手そのものを変更することは不可能である。

非利き手をほとんど使わないため、使わなければならない時にまともに使えない。

クセや生活習慣でどちらか一方だけしか使っていないケースがほとんどです。

「利き手じゃない方の手」を使うと、脳の活性化に繋がる!

右手は左脳と、左手は右脳と繋がっています。

一般的に右利きの人は左脳が発達し、左利きの人は右脳が発達していると言われていますが、バランス良く両方の脳を使うことを心がけるなら、利き手ではない手を積極的に使ってみましょう。

不自由を感じることで脳の酸素消費量が増え、脳が活性化しますし、前頭葉が刺激されます。

●集中力が高まり、意志向上にもつながる。さらには、怒りを抑える効果もあり!

ちょっとしたことから始めてみよう!

毎日行う行為の中に逆利き手の動作を取り入れることが継続のコツです。

・カバンの持ち手を変える

・靴下を履く順番を逆にする

・コップを持つ手を変える

・セロテープを切る時、ホチキスを使う時いつもと逆の手で使ってみる

 

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2017年2月24日(金)

シャワーを仙骨に当てて冷え性を改善しよう♪

冷え性改善と言えば、ゆっくりお風呂に浸かること。冷え性お改善には毎日のお風呂が欠かせません。

でも…そんな時間ない!!お風呂に入らずシャワーだけで済ませてしまう…。

そんな方は是非、「シャワーお灸」をしてみてください!シャワーお灸とは、シャワーで仙骨あたりを集中的に温めること

jiryou_mb

腰とお尻の間にある三角状の「仙骨」ここにシャワーを当てるだけ!

お風呂からあがる前に、シャワーの温度を「温かい」と感じるくらいに設定し、仙骨に15秒当てよう。強さはお好みでOK。

続いて「少し熱い」と感じるくらいの温度に変更しさらに15秒当てる。

最後に「熱い」と感じるくらいの温度で30秒当たれば完了。

シャワーを当ててそのまま寝るだけで身体がポカポカになります!

是非お試しください♪

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

 

2017年2月23日(木)

冬にアイスが食べたくなるのはカラダからのSOSかも?

寒いにも関わらず、冬にアイスを食べたくなるのは身体からのサインかも?!

①脱水状態になってるサイン?

乾燥がすすむ冬は、知らないうちに体から水分が失われるため自覚がありません。

暖房によって体は脱水状態になりやすく、汗をかきずらい状態で体内に熱がこもりがち。すると、冷たい口どけのアイスがよりおいしく感じられるというわけ。

冬にアイスを食べる時は、身体を冷やしすぎることがなく、水分補給も出来る事から【温かいお茶やコーヒーなどと一緒に摂取】がおすすめなのだそうです。

②ストレスが溜まっている可能性

冬はストレスを解消するために、たくさんの糖分が必要になるので、濃厚なクリーム系アイスが食べたくなるといいます。

日光を浴びると精神を安定させるセロトニンが盛んに分泌される。

だが冬に日が短くなるとセロトニンが不足し、気分が落ち込んだり、体がだるくなったりします。

甘い物を食べると、イライラした心を静めてくれる“幸せホルモン”と言われるセロトニンが増加する。

③貧血だとアイスが食べたくなる?

氷食症の疑いが強く考えられます。その主な原因といわれているのが、鉄欠乏性の貧血。

アイスやグラスの中の氷を異様に食べたくなるという人は要注意。

冬に不足しがちな鉄分が豊富に含まれており、一緒に亜鉛も摂れる優秀な飲み物がココアです。

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。