診療時間
オレンジ整骨院
月曜~木曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜
9:00~15:00
祝日
9:00~13:00
休診日
金・日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2018年4月19日(木)

腸内フローラル

”腸内フローラル”という言葉を耳にします。

腸内の環境を良くするといいことだらけという事の様です。

腸は第二の脳ともいうそうです。

 腸はただ食べ物の栄養を吸収し、便として排泄するだけの器官ではなく「考える」器官として、第二の脳と呼ばれています。腸の中に入ってくるものには、身体にとっていいものも悪いものもあります。腸は、何が身体に良くて何が悪いのかを記憶することができるのです。また、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の95%が腸で作られているという研究報告もあります。腸はさらに、多くの神経や血管が集中している器官でもあります。ですので、緊張やストレスが強いとその影響をもろに受けやすいのです。精神的なものと腸には密接な関係があるというわけです。

では腸内環境を良くするには

腸内環境を整えること、すなわち腸内の善玉菌を増やし、体内の毒素や有害物質を取り込まないようにすることといえるでしょう。

一番気をつけたいのがやはり食生活です。腸にいいものとしてヨーグルトが思い浮かびますが、実はヨーグルトの乳酸菌よりも納豆の納豆菌の方が効果が高いのだそうです。納豆は大豆の加工食品で食物繊維も多く、便秘を防いでくれます。他にはキノコ類、海藻、こんにゃく、れんこんやごぼうなどの根菜類、芋類、豆類やナッツも食物繊維が多い食品です。これらのものを意識的に摂るようにしましょう。ヨーグルトの他に最近人気が出てきているのが植物性乳酸菌です。ドリンクやサプリメントなども発売されており、手軽に植物性乳酸菌を摂ることが可能です。逆に控えたほうがいいものは砂糖、精製された小麦粉のパンや麺類、辛いもの、冷たい食べ物などです。

食べ物だけでなく生活習慣も腸内環境に大いに関係があります。睡眠は十分に取り、ストレスをためないようにすることも大切です。さらに、適度な運動をすることで大腰筋や腸腰筋などのインナーマッスルが鍛えられ、大腸のぜん動運動を促し便秘を予防します。腸内を健康に保つことが全身の健康につながります。
忙しい毎日ですが、意識的に「腸」にも気を配りましょう

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所