診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2018年7月20日(金)

熱中症の救急処置は「FIRE」!

連日の酷暑で熱中症患者が増えてます。

熱中症における臓器障害の抑止には、水分補給と体温を下げることがキーポイントとなります。スポーツ・教育現場での「FIRE」処置は具体的には次のようになります。いざというときにそなえて覚えておきましょう。

F(Fluid)・・・液体(水+塩分)の経口摂取、または点滴

  • 意識があれば、スポーツドリンクなどを飲ませる。意識が混濁していればできるだけ早く点滴を開始する

I(Ice)・・・身体の冷却

  • 衣服を脱がせる
  • 氷嚢または冷えたカンジュース等で首筋・わきの下・足の付け根など大きな動脈が触れる部位を冷却
  • 水を口に含んで身体に吹きつける
  • うちわや扇風機で風を送る

R(Rest)・・・運動の休止・涼しい場所で休む

  • 涼しい場所で休ませる。可能であればクーラーのある部屋へ移す

E(Emergency)・・・「緊急事態」の認識・119番通報

  • 119番通報・救急車の手配
  • 意識状態のチェック
  • 体温のチェック(現場での体温は熱中症診断に役立つ重要な情報です)
  • 医療機関に到着したら、倒れた現場での状況、気温、スポーツの強度・練習時間などを担当医に話す 
  • 骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

    交通事故、労働災害指定施術所。