診療時間
オレンジ整骨院
月曜~木曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜
9:00~15:00
祝日
9:00~13:00
休診日
金・日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2018年8月30日(木)

外反母趾

外反母趾の最大の原因は、足の筋肉の未発達です。靴で足を覆い、足指を使って踏ん張らず、指のつけ根で歩いてしまうので足底筋群が発達せず、親指が曲がってしまうのです。

ゆるい靴やヒール、パンプスなど、「脱げやすい靴」は外反母趾の原因になります。脱げやすい靴を履いているときは、脱げないように無意識のうちに足指を上げたり、指を縮めて歩いてしまいがちだからです。

靴の選び方は重要です。

・できるなら靴を履いて10分程なじませる
・少し歩く
・靴を脱いで、足の一部が赤くなっていないか確認。他にも、歩 いていて足が痛んだり、足が疲れやすくなったり、足がむくみやすくなるなら、その靴は合っていないということです。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年8月29日(水)

こむら返り

ふくらはぎに起こるこむら返りは、日常的に起こりうるスポーツ障害であるといえます。運動中だけでなく寝ている時にも起こるため、多くの人が悩まされることになるという一風変わった性質を持つこむら返りはどのようにして起こるのでしょうか。

こむら返りが起こる仕組み

こむら返りは、筋肉が激しい痙攣を起こして緊張状態になってしまうことが原因として起こるものです。この筋肉の痙攣は、強い疲労状態にある時や汗で体内の水分やミネラルが失われている時に起こりやすくなります。これらの原因によってふくらはぎの筋肉が限界以上に収縮された結果、筋肉が痙攣してこむら返りが発生するのです。

こむら返りの語源

こむら返りの「こむら」とは、ふくらはぎの古い言い方である「こぶら」が転じた言葉と言われています。つまり、こむら返りとは「ふくらはぎが裏返る様な痛みを持った症状」を言い表した言葉なのです。

こむら返りの症状

こむら返りが起こると、足の筋肉は強い痙攣を起こし強い痛みを引き起こします。この時、足の筋肉は収縮した状態を維持しているため歩くことも立っていることもままならない状態になっているのです。そのため、水泳中にこむら返りが起こると泳ぎ続けることが出来なくなってしまうのです。こむら返りの痛みは非常に強く、多量の発汗やめまいを伴うこともしばしばです。また、こむら返りは片足だけでなく両足同時に起こることがあり、痛みが二倍になってしまうので注意が必要といえます。

こむら返りの予防

こむら返りを予防するためには、運動後の水分とミネラルの補給が重要になってきます。運動中は汗で水分と電解質が失われるため、疲労回復のためにも休憩中の水分と塩分の補給が重要になります。運動前のクエン酸摂取や、食事やサプリメントでカルシウムやマグネシウムを補充することもこむら返りの予防に効果があります。また、運動後に足のストレッチ体操やマッサージを行って血流を改善することも、こむら返りの予防に重要な役割を果たします。

こむら返りの治療

こむら返りが起こった際には、ふくらはぎの筋肉を押さえながら足首を脛側に曲げたり、マッサージをしたりするのが一般的な対処法です。また、痛みを抑えるための冷湿布と血行をよくするための温湿布の併用も効果的です。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年8月28日(火)

膝の痛み

膝のお皿って何のためにあるかご存知ですか?

膝の曲げ伸ばしを少ない力でスムーズに行うためです。

ちょうど、昔の滑車がついている井戸を想像してみてください。

水を汲み上げるときに、おけを直接引っぱりあげるよりも、滑車をとおして引っぱりあげるほうが、はるかに少ない力ですみます。


この滑車になっている部分が「ひざのお皿」にあたります。


ちなみに、滑車についているチェーンの部分が筋肉(大腿直筋)にあたります。

ひざのお皿って大事ですよね

日常生活やスポーツ時に膝の痛みが出たらすぐにご相談ください(^-^)

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

本日も20時まで診療しております

金・日曜日は休診日です。

2018年8月27日(月)

ぎっくり腰

ぎっくり腰は思わぬ時におこります。

筋肉が損傷したり腰椎が捻挫した状態のことで、正式には急性腰痛症と言います。

ぎっくり腰になったら

1. まずは横になり安静を保つ

まずは横になり安静にします。横になれない場合は安定性のあるものや壁によりかかるのもよいですが、なるべく体の力が抜ける状態にします。

2. 患部を冷却する

水にくぐらせた氷をビニール袋に入れたアイスバッグも患部の冷却に役立ちます
ぎっくり腰では患部に炎症がみられる可能性も考えられ、熱感を確認できることもあります。炎症の痛みを抑え緩和させるためにも、なるべく早めに患部を冷やしましょう。

氷嚢や水をくぐらせた氷を数個ビニール袋に入れたものを用意します。直接冷やすと皮膚を傷めてしまうかもしれませんので、タオルを介したりハンカチを巻くなどしてください。

3.早めに受診を

落ち着いてきたら、整骨院等で早めの受診をしましょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年8月25日(土)

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎとは第二の心臓と言われているほど大切な筋肉です。

人の血液は重力の関係で約70%が下半身に集まると言われています。その下半身に集まった血液を心臓に送り返す役割をしているのが、第二の心臓と言われているふくらはぎの役割です。

ふくらはぎを鍛えることで、下半身の安定にもつながり怪我もしにくくなり下半身が安定するため、ふくらはぎを鍛えることは大切です。

オレンジ整骨院では診療の後、ストレッチボードでふくらはぎ、アキレス腱伸ばしをしています。

つい忘れがちなふくらはぎのストレッチですが、段差や壁を利用して毎日行うことが大切です。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。