診療時間
オレンジ整骨院
月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~1:00
休診日
日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 9月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2018年9月18日(火)

9月病

おはようございます。

夏のうだるような暑さもひと段落、比較的過ごしやすくなった今日この頃ですが……。

暑い夏に体力を消耗して心身に不調が出る9月病が増えてきています。秋の初めに寝つきが悪くなったり、朝早く目が覚めたりしてしまうのは、9月病の前触れかも知れません。

【危険なのは、長めのお休みが明けたとき!】
夏休みやお盆休み、さらにはシルバーウィークが明けた途端にやってくる、鬱々とした気持ち。そこへ急激な気温の変化などが重なって、体調も悪くなってしまうという悪循環。これでは仕事に支障をきたしかねません。

【よく眠り、積極的に「トリプトファン」を摂取しよう】
9月病対策に必要なのは、良質な睡眠。そして、 “幸せホルモン” ことセロトニンの原料となる「トリプトファン」が豊富に含まれている食べ物を摂取すること、なのだそうです。

【トリプトファンを豊富に含む食べ物】

・牛乳
・乳製品
・豆
・豆製品
バナナ
アボカド
・肉類
・スジコ
・タラコ

よく眠り、美味しいものを食べると、それだけで心が満たされます。秋は1年の中でも特に、快適な季節。この時期をめいっぱい楽しむためにも、日頃から睡眠に食事によく気をつけて、生活したいものですね。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年9月17日(月)

気温の変化

今日は30度を超える予報になっています。

毎日の服装選びも大変です。半袖なのか、長袖ブラウスか、羽織ものが必要か・・・朝の忙しい時間にバタバタしてしまいます。

夏の疲れも出ている時期なので、風邪もひきやすくなっています。羽織もの一枚で温かさは格段に変わってきますので、用意が必要ですね。体調を崩さないようにご注意下さい。

9月17日(月) 9:00~13:00 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年9月15日(土)

3連休☆

おはようございます!昨日から雨が続いていますね(>_<)

足元が濡れていると、足首を捻ったり、転倒して打撲することがあります。また気圧の変化で頭痛がする、古傷が痛むなんて方もいらっしゃいます。。。

天気が悪いと体にとっていいことがありませんね(^^;)

実はこういった不調の時こそ治療は受けた方がいいんです!オレンジ整骨院では自己治癒力を高める治療を行っています。不調の時こそ足を運んでください☆

9月15日(土) 9:00~15:00

9月16日(日) 休診 

9月17日(月) 9:00~13:00 

月曜日の診療時間が変更になっていますのでお気を付けください!

 

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年9月13日(木)

ふくらはぎ

ふくらはぎは足の血液を押し上げ、心臓の働きをコントロールしている重要な器官です。第二の心臓とも呼ばれています。
このふくらはぎを柔らかくすることで、血液が全身を円滑に循環して健康な身体を保つことができます。

ふくらはぎの筋力は疲れが溜まると固くなり、弾力性がなくなります。するとポンプ作用が充分に発揮できなくなり足に血液が停滞しやすくなります。それは「冷え」にもつながります。
身体が冷えると基礎代謝が落ちます。そのため様々な不調が現れてきます。風邪をひきやすくなったり、肌のくすみや老廃物がたまりむくんだり太ったりします。

それを防ぐには、ふくらはぎを毎日マッサージすることです!!
ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすことにより、全身のあらゆる組織が活性化するのです。
テレビを見ながら、お風呂に入りながら、毎日のマッサージを習慣づけて元気に過ごしましょう。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

金・日曜日は休診日です。

2018年9月12日(水)

交通事故にあってしまったら・・・

おはようございます。坂東です。

❶傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合はすぐに救急車呼びましょう。

 

❷交通事故の大きさにかかわらず、警察へ必ず届け出ましょう。
警察へ届けを出さないと保険の支払い等に必要な「交通事故証明書」が発行されません。

 

❸加害者の住所、氏名、連絡先、自賠責保険の加入先の詳細を聞く。

 

❹詳しい事故状況の記録を忘れないうちに、写真を撮っておきましょう。

❺ご自身の車をお持ちであれば加入されている保険会社へ、連絡をしましょう。

 

交通事故の場合、後日気分が落ち着いた頃からお身体の痛みや不調を訴えられ来院される方が多いです。

通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ケ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめ致します。

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

金・日曜日は休診日です。