診療時間
オレンジ整骨院
月曜~木曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~20:00
土曜
9:00~15:00
祝日
9:00~13:00
休診日
金・日曜日

オレンジ整骨院

〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-1

電話:045-541-3111

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

・ サイトマップ

スタッフブログ

2018年11月6日(火)

ぎっくり腰

これからの時期、年末につれて忙しくなったり大掃除などで腰を痛めてしまう方が多いです。

ぎっくり腰になりやすい人は以下の3パターンに分かれるといわれています。

1、同じ姿勢で長時間いることが多い人

  • 運動不足で身体をあまり動かさない
  • 車の運転をすることが多い
  • 寒いところに長時間いることが多い

2、腰に負担がかかる習慣がある人

  • 太り気味で体重が多い
  • ハイヒールを履くことが多い
  • いつも同じ肩にかばんをかける
  • 足を組む癖がある

3、腰に負担をかける動作が多い人

  • 重い荷物を持ち運ぶ機会が多い
  • 腰を曲げたりひねったりすることが多い

ひとつでも当てはまる人は気を付けましょう!オレンジ整骨院ではぎっくり腰の治療、腰痛予防になるストレッチなど生活指導を行っています☆気になる症状がある人はご相談ください(^^)

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年11月5日(月)

冷え性

冷え性対策の4原則

冷え性の程度に関わらず、まずは体を冷やさないようにすることが大切。冷え対策の4原則を押さえて、冷えにくい体づくりに役立ててください。

1.お腹を冷やさないよう工夫する
体の中心部分を冷やさないことがとても重要。女性に特に多い冷え性はみぞおちのあたりの温度が、おへその下の温度より低いタイプ。女性は下腹部の臓器が複雑なため、下腹部にうっ血が起こって血流量が増加すると上腹部の血流が減少し、体全体に血液が回りにくくなるのです。その結果、手足の冷えを感じてしまうことになります。みぞおちとおへその下を触ってみてください。みぞおちあたりの温度の方が低いという人は要注意。そんな人はお腹を温めることで、冷え性改善の効果が期待できます。靴下の重ね着、マフラーや手袋も重要ですが、腹巻きや下着でお腹が冷えないよう衣類を調整しましょう。

2.シャワーではなくお風呂でしっかり温まる

ぬるめのお湯(38℃ぐらい)でゆっくり温まりましょう。体に負担をかけない半身浴がお勧め。体を芯から温めるので抹消の血流も増加します。熱いお湯は体の表面部分しか温めないので湯冷めをしやすく注意が必要。入浴中や入浴後に軽くストレッチをするのも血流をUPさせるのでお勧めです。特に女性は、靴の締め付けにより足の甲の機能低下が起きている場合があります。足の指を広げたり足首を回すなどのマッサージを行いましょう。

3.筋肉をつけて熱産生をUPさせる
体の熱を産生させるのは筋肉。その筋肉が少ないもの冷え性の原因のひとつ。背中の筋肉は大きいので、熱の産生が大きく、冷え性改善に効果的です。足の筋力低下により足先の冷えを感じることもあるので、ふくらはぎの筋肉や足指を動かすのも効果的。運動を続けると体の筋肉が増加するので、血流もよくなってきます。

4.体を温める食べ物を摂る

温かい食べ物だけでなく、体を芯から温める食べ物を食べましょう。かぼちゃ・にんじん・ごぼう・たまねぎ・りんご・ぶどうなどの根菜類・赤や黒などの暖色の野菜や果物は体を温めます。冬には寒い時期に収穫される季節の野菜を摂るようにして。また、黒砂糖・全粒粉パン・玄米など未精白のものが、精白してあるものよりお勧め。

飲み物で言うと、紅茶・中国茶・ほうじ茶などの茶色のもの。お茶は発酵させたほうが体を温めます。生姜も体を温めるので、生姜を入れたお茶を飲むのも効果的。

上記の冷え性対策の4原則で冷え性はかなり改善できるはず。特にこれからの季節は寒さのために体を動かす機会が減ります。日常生活の中でなるべく体を動かすように心がけて、冷えにくく疲れにくい体質をつくりましょう。

2018年11月3日(土)

本日は13時まで診療中☆

おはようございます!

朝晩の気温と日中の気温差が出てくると風邪を引く人が増えてきます。一枚、上着をもって自分の体に合わせた体調管理を行ってくださいね(^^)

今日は祝日のため9時~13時の午前診療で診療中です!!

お出かけする方もしない方もまずは体のケアをしてから出かけましょう♪

時間の間違えがないようよろしくお願いいたします★

骨折、脱臼、打撲(打ち身)、捻挫(寝違え、ぎっくり腰)、挫傷(肉離れ)はオレンジ整骨院で施術できます。

交通事故、労働災害指定施術所。

2018年11月1日(木)

打撲

いわゆる打ち身のことでどなたでも経験があると思います。

一般的に打撲をすると皮下組織を傷つけ出血するため、皮下に青黒く出血斑が出現し、腫れてきます。

一般的に軽度の打撲であれば、湿布を貼って包帯で圧迫固定を施行すれば1週間から2週間ぐらいで完治します。

ただし、関節周囲の打撲や出血・腫脹の強い打撲では専門家による固定や施術を要します。
特に関節周囲の打撲では、関節運動のたびに傷ついた組織が動き、同じ程度の関節周囲以外の打撲と比較して、通常よりも多くの内出血や腫れが起こります。

また、その出血した血液が線維化していく過程で、関節組織が部分的に癒着したり、しこり状の瘢痕組織が関節機能を司る組織の運動を妨害することにより、関節拘縮(関節の運動範囲が狭くなる。関節が動かなくなる。)を生じます。

関節拘縮を起こすと半年や1年の治療期間を要し、場合によっては後遺症として関節拘縮が完全に治らないままの状態で固まってしまうこともあります。

2018年10月31日(水)

交通事故・むち打ち治療

交通事故による症状には早期治療が不可欠です。 現状では実感の無い後遺症が後になって発症するケースが増加しています。 むち打ちなどの交通事故によるお怪我をされた場合、オレンジ整骨院では経験豊富なスタッフが、 むち打ち治療だけでなく的確なアドバイスもさせて頂きますので、ご安心ください!

当院はむち打ちをはじめ、専門分野の交通事故治療をしっかり行っていきます。 患者様それぞれに合わせた手技療法を中心に、電気治療などの物理療法を加え、 早期回復を目指し、専門知識に長けたスタッフが治療を行っていきます。

現在、他の病院(整形外科、接骨院等も含む)に通院中の方でも、 当院に切り替えが可能です。 また、整形外科等の病院の場合、当院との併用も可能です。 ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい。